忍者ブログ
ゲームの感想やオフライン活動の紹介などを交えたぼちぼち日記。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ネタバレ含みますのでご注意!

12話~14話まででした。
12話はピオニー陛下が

ちなみに、今回のコメンタリーのゲストは、ピオニー役の山崎さんと、ジェイド役の子安さんで、お二人とも古い付き合いみたいで、すごく面白かったです。
ティア役のゆかなさんに頭が上がらなかったりとか♪
まあ、相変わらず、コメンタリーとか言いながら、まっっっったく本編に触れてないですが
そんなとこも含めて、すごく楽しいトークでした♪♪♪

同梱のドラマCDはまだ聴いてないのですが、タイトルが

~孤独を抱いて~

シリアスなのかな? ドラマCDはどちらかといえば、ギャグっぽい方が好きですが、ドキドキしながら聴いてみようと思います♪
PR
9、10、11話収録。

なんででしょうか。
アビスは、ルークにしろアッシュにしろ、泣けます…。
切ないお話ですよね。

それぞれが、それぞれの切なさを抱いているような。

9話はアッシュの過去がちらっと出てくるんですけど、オリジナルなのに悲劇を背負ってる……そこがまた、哀しい。ルークはルークで、失った信用の重さを認識する場面が印象的でした。

それにしても、よく出来たアニメだ…。
よく動くし、絵は奇麗だし。
サンライズの仕事の素晴らしさに、毎回圧倒されてます。


ちなみに、同じ日に届いた「銀魂」DVD11巻。
びっくりするくらいバカバカしいのに、たまにシリアスなので、これまた魅力的です。
というか、銀魂の場合、セリフも画像も放送コードすれすれだったり、声優さんのセリフのみ・背景画で5分乗り切るとか、飛び道具が多すぎて笑えます。
パロディネタも多いので、子どもさんよりは、20代後半から30代の方がツボにきそう。しかも男性の方が!?
別な意味で完全に大人向けです。


今現在、連続して見てるアニメ、アビスと銀魂だけ……。
すっかり、アニメにうとくなってしまったわ
無料配信で1話~5話までは見てましたので、今回の6話~8話は、初見です。


相変わらず物語が、ギュッッッと凝縮されていて見応えありますが、アグゼリュスを扱った第8話は………さすがにゲームと比べ、表現がソフトになってましたね。

とくに、父子のシーンがまるまる無くて、ゲームであのシーンが辛くてしょうがなかった私には、いいやら悪いやらで。

コメンタリーがまた、なぜか8話なんですけど、内容無視して雑談が繰り広げられていて、笑ってしまいました。

それにしても、アビスのアニメはホントにすごいなあ。
ゲームの雰囲気そのままだ!
ゲームの技とか、ガンガン使ってくれるので、観ながらニマニマしてしまいます。


そうそう、今回は、オマケドラマCDもすごく良かった!
ナタリアの料理話なんですけど、心底笑えました。
本編がシリアスなだけに、こんなホッとする内容は嬉しいかぎりです


今、5月発売のヴェスペリアのドラマCDを予約してるんですけど、内容がまだよくわからなくて、ドキドキしてます。本編もいいけど、サブ話も聴きたいなあ♪
ネット配信の方しか見られないので、感想遅いですけど、見ました、25話!
冒頭、ギンジさんのことをまるで心配しないアッシュと主人公の面々に「ええっ!?」とか思いましたが、


まさか…教官と仮面の人が同時に出てくるとは……。

しかも、アッシュをラストに!?


アッシュからシンクへは、ゲーム本編で号泣していた部分なんですが、アニメでは意外にも、そこまで泣いたりはしなかったです。イオン様のシーンとか、アリエッタの時の方が泣いたかなあ…。

おしてるのが丸わかりなんで、たぶんもっとじっくり見たい~という欲求が、素直に見る心を邪魔したのかも。

それよか、アニメだけ見てる人は、アッシュの残り時間設定…分かりにくいかなあと心配になりました。
実際にゲームした時も、最終的に深いところまで知るには、ネビリムイベントを最後まで進めないといけなかったような…。

残り一話かあ…。
20分強でどんなまとめ方するんだろう…。いろんな意味でドキドキ。
来週が待ち遠しいです。
えー、地方在住のため、ネット配信見てます。

今日、やっと24話。

なんか、切ないですよね…。
アビスの物語って基本的に切ないですけど、ルークの存在が一番せつないなあ…と…。

ティアと二人で語り合うシーンとか、泣きそうですもん、私。

後半は前半にもまして色々端折ってますけど、それでも、時折、間や空間を入れながらで、詰め込みすぎに感じさせないように気を遣っている気がしました。


アニメで改めてみると、なるほど、登場人物について丁寧に描かれた物語だなあって思います。

脇キャラすら、愛情がこもってますもん。ノエルなんか、ゲームの時よりも大活躍!

テイルズは、シンフォニア、アビス、ヴェスペリアと同人誌作ってきましたけど、特別このキャラが好きでたまらんってのは無かった代わりに、アビスの物語がやっぱり、物語としては一番好きかもなあと思います。
(アビスは、パーティキャラも敵キャラも、おしなべてみんな好きという異常事態だったため。モースですら何かしら悲哀を感じられる…)

ヴェスペリアは、移植されるなら、その時にぜひぜひキャラクターの背景などのサブイベントを増やしてほしいですね! メインキャラはもちろん、デューク、イエガー、アレクセイとか、ザギとか、ソディアやウィチルも♪

たぶん、あえて登場人物の背景には触れない物語構成だとは思うんですが、大好きなゲームだから、魅力的なキャラだから、キャラの背景をもっと知りたいなあと思います。

移植……されないかな♪
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
フリーエリア
最新コメント
[01/25 あがさ真澄]
[01/25 時雨]
[06/04 あがさ真澄]
[06/04 ジャッキー]
[11/07 慢性レイ分不足]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
あがさ真澄
HP:
性別:
女性
趣味:
絵を描いたり、ゲームしたり。
自己紹介:
血糖値がいつも怪しく、食べないと動けない。
最近、趣味が生き甲斐になっているかも…?
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]